満身創痍コンプレックス

欠点だらけなアラサー女子がネットで話題の解決策を実践するブログ (レビュー、体験談、日記)

猫エイズ・白血病持ちの口内炎:抜歯について聞いてみた

      2014/12/27

本日の診療明細

内容 数量 金額
診察料 1 500
皮下注射 1 900
注射薬剤代 1 400
内服処方料 1 300
アモキクリア100(抗生物質) 14 980
プレドニゾン5mg(ステロイド) 7 280

 

合計3,628円(税込み)

 

猫エイズ猫白血病を持っている猫の口内炎の治療法として、抜歯はどうなのか聞いてきました。

我が家の場合、結論としては「無し」です。



スポンサーリンク


猫の口内炎の根本的な治療として一番効果があるのが全顎抜歯と言われています。

歯が無ければ細菌の温床である歯垢が溜まる場所がなくなるので、それで改善する確率が高いそうです。

 

猫歯肉口内炎に対し全臼歯抜歯を行った34例の長期評価(PDF)
http://nichiju.lin.gr.jp/mag/06301/c2.pdf

こちらの報告によると、猫の口内炎に対して抜歯は十分な効果が得られると言われていますが、うちの猫のように猫エイズ猫白血病を患っている場合はどうなのかまでは分かりません。

 

そこでかかりつけの獣医師に相談したところ、「健康な猫の場合で約半数の改善が見込めるが、猫エイズや猫白血病による免疫不全が原因の場合、抜歯をしても根本的解決にはならないし、体力が落ちている状態での全身麻酔のリスクもあるため勧められない」 とのことでした。

私はこれで納得しました。

ネットでの体験談も漁りましたが、やはり抜歯をしても改善せずに弱って死んでしまったケースもあり、「余計に苦しませてしまった」と悔やむ声も少なくありませんでした。

もちろん改善したケースや、体力がなくなる前に早めに抜歯をした方が良いという意見もありました。

 

 

・・・これは病気のペットを抱える飼い主さんにとって難しい問題なのですが、もう回復が望めない状態のペットに対して「苦しみが長引く結果になっても延命させるのか」はたまた「時が来たらもう余計な治療はせずに自然に任せるのか」と。

どちらの選択をしても後悔します。

延命を取っても「余計な苦しみを与えてしまった」、自然に死なせても「治療をすればもっと長生きできた」と。

 

9月に亡くなった猫の時、私は輸血による延命はしませんでした。

獣医師から「輸血をしてもまたすぐに下がる」と説明を受けたからでもありますが、うちの子にとって病院は大きなストレスだったので、最期は家でゆっくりさせようと思ったのです。

それでもやはり後悔しました。

「輸血をしていれば平常まで戻っていたかも」「お金がいっぱいあったら、何度も輸血を受けさせていたら」「もしかしたら『すぐに下がる』とは限らなかったかも」・・・いくら後悔してもうちの子は戻ってきませんが、それでも悲しい。悲しい。

 

あずきも遠くない未来、決断しなければいけない時がくると思います。

ただ今できることは、ステロイドによる対処療法と、各種サプリメントや食事による免疫向上、あとはストレスの少ない環境作りです。

25

ストーブの前の電気マットの上で寝るあずき。

ステロイド注射をして少し鼻がピンクに戻りました。

弱っている時は鼻が真っ白です。

26

元気だった頃のあずき。

昔はもっともっとピンクの鼻でした。

 

ただ今回ちょっと薬の効きが弱いような・・・?

まだ注射をして1日経ってないので様子見ですが、少しずつ効きが悪くなってきている気がします。

 

追記:1日経って大分元気になったようです。ご飯ももりもり。

 

(口内炎ジスロマックという人間用の抗生物質が効く場合があるという話を発見。
今度聞いてみます。)



スポンサーリンク


 - 猫の話 , , ,

Comment

  1. メーママ より:

    こんにちは
    コメント失礼します!
    我が家の元野良猫も同じ症状で苦しんでいましてこのページにたどり着きました
    あずきちゃんの寝顔写真は撮られた方の愛を写真1枚でとても感じて温かくなりました
    有り難うございますm(__)m

    • camellia より:

      コメントありがとうございます。
      うちの猫が亡くなってもう1年以上経ちますが、今も写真を見ると辛くなってしまいます。
      メーママさんの猫さんの病状が少しでも和らぎますように……!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

タオルとレボリューション

美容アイテムやペット用品で何度かお世話になっている輸入代行ロイユニオンさんから非 …

【猫エイズ・白血病】 あずきの死、効果を感じたサプリメント

2016年3月30日朝6時、猫エイズと猫白血病のダブルキャリアだったあずきが亡く …

ササヘルスが何故か売切れ、サンクロンに変更

【今回の診療明細】 内容 数量 金額 診察料 1 500 内服処方料 1 300 …

レボリューション、うさパラでの購入から到着・使用まで

大分間が開いてしまいましたが、前回言っていたノミ・ダニ駆除薬「レボリューション」 …

ステロイドが必要

我が家では犬1匹猫2匹を飼っていました。 しかし今年2月に犬が亡くなり、9月に猫 …

猫エイズ・白血病持ちの口内炎:ジスロマックについて聞いてみた

年末年始で動物病院が閉まる前に早めに受診。   【今回の診療明細】 内 …

休薬日、オーラティーンデンタルジェルの感想

【今回の診療明細】 内容 数量 金額 診察料 1 500 内服処方料 1 300 …

抗生物質復活、「きえ~る」と「フルーツザイム」

【今回の診療明細】 内容 数量 金額 診察料 1 500 内服処方料 1 300 …