満身創痍コンプレックス

欠点だらけなアラサー女子がネットで話題の解決策を実践するブログ (レビュー、体験談、日記)

「ルミガン」「ケアプロスト」の使い方

      2017/04/14

「ルミガン」の説明

 

まつ毛育毛剤として使用できる「ルミガン」と「ケアプロスト」の使い方についてです。

ルミガン到着

こんな形の郵便小包で届きます。

 

ルミガン説明

ルミガンの箱の説明書き。

まつ毛育毛・増毛に威力を発揮する主成分「ビマトプロスト 0.03%」に加え、涙液の主成分である塩化ナトリウムなどで構成されています。

ビマトプロスト以外は普通の市販されている目薬の成分と変わりませんね。

 

ルミガン自体は本来緑内障治療のための目薬で、その副作用として「まつ毛が濃くなった」との報告が相次いだため、現在アメリカではまつ毛育毛剤としても認可されています。

緑内障治療目薬としての効果は、直接点眼して眼圧を下げるというものです。

目に入らないように注意すれば眼圧に対する効果はありません。

もし入っても沁みたり、目が痛くなったりということはないのであまり心配しなくても大丈夫だと思います。

 

 

「ルミガン」の使い方

 

 

1日1回寝る前にまつげの根元に塗ってください。
※別売りのまつ毛ブラシをご使用の場合※
袋から取り出したブラシを水平に持ち、液を1滴ブラシの先端部分に垂らします。
液を垂らしたブラシをアイラインを引くように上まつ毛の根元部分にスッとつけてください。
まぶたからはみ出た余分な液は拭き取ってください。
1日1回寝る前につけてください。

(オランダ屋より)

 

「寝る前」というのは、上まぶたにつけた液が寝ている間に下まつ毛部分にも馴染むようにかなーと思います。

透明な液で、乾いてもろもろが出たり~といったことは一切無いので、私は時間を気にせず、顔を洗った後に1日1回塗っていました。

ルミガン、アプリケーター

ルミガンの形状とアプリケーター(専用筆)。

衛生面から専用筆を使って塗ることをオススメします。

 

液は筆の先端につけると、毛細管現象でスーッと筆の中に吸い込まれていってこぼれません。

筆の側面に液を乗せると、筆が液を弾いてボタッとこぼれてしまいます(´ω`;

 

使い方動画

 

・まず、メイクを落として肌を清潔にし、コンタクトレンズも外します。
・アプリケーターを1本トレイから取り出し、水平に持ちます。
・1滴を(ここでは「ラティース」)アプリケーターのブラシ先端に付けます。
・この時、ボトルの先がブラシに当たらないようにしてください。
・まつ毛とまぶたの際、またはまつ毛の根元にさっと引きます。
・塗り終わったら、ティッシュやコットンで皮膚に付いた液体を取り除いてください。
・使用したアプリケーターは処分して、新しいアプリケーターを取り出します。
・片方のまつ毛にも同じ手順で使用してください。

 

 

 

ルミガン塗る場所

私の場合そのままだとまつ毛の生え際が見えないので、半目にして画像の赤いエリアにざっと塗っています。

貧乏性なので筆1本で両方塗っていました

 

雑菌の繁殖を抑えるために冷蔵庫保管をオススメします。

(以前常温保管の開封済み目薬を差したら目が真っ赤に腫れて痛くなったことが(;;

 

 

 

「ケアプロスト」の説明

 

こちらは「ルミガン」のジェネリックである「ケアプロスト」になります。

ケアプロスト

ケアプロスト」の箱の表記。

主成分は「ルミガン」と同じビマトプロスト0.03%

塩化ベンザルコニウムは目薬の防腐剤としてよく使われるものです。

ケアプロスト

容器は同じような形ですが、最初に開ける時は力がいります。

 

 

 

「ルミガン」と「ケアプロスト」どっちがいい?

 

本家(ルミガン)」と「ジェネリック(ケアプロスト)」というだけで、主成分は同じなので基本的には変わらないと思います。

が、個人的な印象としては「ルミガン」の方が気持ち伸びたような気がしないでもないような・・・?

ルミガン」を1本使い切り、現在は「ケアプロスト」1本目を使用中ですが、まつ毛の状態は維持できています。

 

先日、日本でも「ルミガン」と同じ主成分を使った「グラッシュビスタ」という製品が認可されましたが、保険適用外なので1本1万円~3万円ほどになるそうです。

まつ毛が短くてさかまつげで困っていても、この値段はちょっと厳しい。

保険適用されればいいんですけどね。

 

 

現在「ルミガン」は入手困難なようなので「ケアプロスト」のページを紹介しておきます。

ケアプロスト0.03% + アプリケータ

 

種類は色々ありますが、やっぱりオススメは「ルミガン」か「ケアプロスト」ですかね。

 

 

 

関連記事
【自分でできるさかまつげ対策】「ルミガンソルーション」レビューと結果
「ルミガン」「ケアプロスト」の副作用・使用上の注意
手術は必要?どこからがさかまつげなのか

 

 

 


 - 自分でできるさかまつげ対策 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「ルミガン」「ケアプロスト」の副作用・使用上の注意

「ルミガン」「ケアプロスト」の副作用・使用上の注意     …

【自分でできるさかまつげ対策】「ルミガンソルーション」レビューと結果

「ルミガンソルーション」レビュー・体験談   今回はまつ毛育毛剤として …

手術は必要?どこからがさかまつげなのか

「さかまつげ」とは?   本来外側に向けてカールするはずのまつ毛が、何 …